資金調達手段を完全公開!補助金や助成金も解説しました。

MENU

資金調達先の選び方と審査ハードル

 

中小企業の資金繰りに悩む経営者やこれから独立開業する事業者の方に欠かせない資金調達先の選び方についてまとめています。

 

書類とペン

 

資金調達の方法には様々な方法があります。
融資先にも幾つかの機関があり、銀行信用金庫で融資を受ける方法、日本政策金融公庫を利用する方法などがあります。

 

また、身内から借入れする方法や消費者金融ビジネスローンを利用することで資金を調達することも可能です。
ベンチャーキャピタルやクラウドファンディングなどを利用する方法もあります。
民間金融機関では、銀行や信用金庫から融資を受ける方法があります。

 

銀行が銀行法にのっとり営業地域に定めがないことに対して、信用金庫は信用金庫法にのっとり営業地域も限定されています。
銀行で融資を受ける時と信用金庫で融資を受ける時では、審査ハードルにも差があります。

 

 

信用金庫から融資を受ける

 

銀行での審査に通らない方でも信用金庫であれば融資を受けられる可能性があります。

 

信用金庫は地域密着型で銀行に比べ金利が高めですが、小額融資を多く取り扱っているので中小企業の方でも融資を受けやすい傾向にあります。

 

また、地方の企業の場合は、地方銀行よりも信用金庫の方が融資を受けられやすいかもしれません。
日本政策金融公庫は政府出資の政策金融機関で、審査ハードルも高めです。
希望融資額の1/3の自己資金を持っている必要があるなどの融資条件もクリアしなければなりません。

 

とはいえ、中小企業や個人事業主に対しては積極的に融資を行っているので、銀行での資金調達が難しい経営者にはおすすめの機関です。低金利で借入が出来るのもおすすめポイントです。

 

消費者金融のビジネスローンは金利も高めで限度額も低めですが、公的機関よりも審査が早く審査ハードルも低めです。中小企業の資金繰りや事業拡大などで必要となる資金の調達に対応してくれるローンとなります。

 

 

知人・家族から借入れ

 

頼み込むビジネスマン

 

知人や家族などから借入れする場合には、贈与税扱いにならないように注意する必要があります。借用書などをしっかり作り、違約金などを定めておくことでトラブルを回避するようにして下さい。
他にも、不動産などの資産を担保に入れる不動産融資で資金を調達する方法もあります。

 

担保として設定する不動産は、自分名義でなくても両親や配偶者などでも担保として提供することが出来ます。
しかし、不動産融資では注意も必要です。
低金利で借入れ出来る額が高い分良いことばかりのような気がしてしまいますが、返済が完済出来ない場合には、大切な資産である不動産を差し押さえられてしまいます。

 

不動産の価値を調査してもらい融資を受けますが、信用力という点で軽視されてしまいがちでもあります。良心的なシステムかどうかというと疑問のあるところでもあります。

 

 

これらの機関やシステムを利用して資金調達先を選ぶことになります。会社の規模や事業内容の規模、経営スタイルにあった融資先を選ぶようにしましょう。

 

 

金利をチェック

 

チェック

 

資金調達先を選ぶ際に大事になってくるのが、金利です。

 

融資を受ける際に、つい意識がいってしまいがちなのが審査通過率融資の額などではないでしょうか。
もちろん、審査が通らなければ融資をしてもらえませんし、融資をしてもらえなければ意味がありませんが、後々の経営に響いてくるのが金利です。返済にも関わってくることなので、金利をしっかりチェックする必要があります。

 

低金利に越したことはありませんが、返済スケジュールなど将来的な返済を見据えたうえで利用するようにして下さい。

 

売掛金を現金化する

 

最近では手形割引に変わる資金調達方法として確立しているのがファクタリングと呼ばれる資金調達方法です。
ファクタリングは既に発生している売上を債権化し、ファクタリング会社へ譲渡(売却)することで素早くキャッシュを手にする手法です。

 

もちろん手数料は掛かりますが、入金サイクルが長く資金繰りが難しい局面では非常に力を発揮します。
融資や借入とは意味合いが異なりますが売上が発生しているにも関わらず、現金が追いつかない場合には視野に入れたいテクニックですね。

 

いかがでしたでしょうか。
これらのように、資金調達先にも様々な機関があります。
それぞれの特徴と審査ハードルを比較して融資を申請されてみてはいかがでしょうか。