企業に対して、様々な人が寄付という形で資金を提供するのがクラウドファンディングです。

MENU

クラウドファンディングについて

 

資金集めをするにあたって、比較的新しい方法としてクラウドファンディングがあります。

クラウドファンディング(Crowdfunding)は、群衆(クラウド)と資金調達(ファンディング)を組み合わせた言葉です。
不特定多数の人からインターネットなどを通して、資金の出資や協力を募ることをいいます。

 

クラウドイメージ

 

企業に限らず、一般の人からも資金を募るクラウドファンディングは5年程前からウェブサービスも増えてきています。
クラウドファンディングを利用するメリットは何と言っても、融資などの借金という形ではなく資金集めが出来るという点にあります。

 

また、クラウドファンディングでは単に、お金を集めて事業を始めるというだけでなく、これから始めたい事業を支援して頂ける方からの寄付という形なので、人と人の繋がりや支援者の気持ちも受けながら仕事に取り組めるシステムでもあります。

 

例えば、クリエイターが非常に小さいパソコンを作ったから大量生産して機能をアップさせるために必要な資金の募集をかける場合などに利用されています。

 

支援者のメリットとしては、インターネットなどで小額から簡単に寄付や出資が出来るという点にあります。
事業が成功し、成長していくと支援額に応じたリターンを得られることもメリットになります。
自分の支援した商品やサービスが発展していく様を応援するという意味でも出資しがいのある方法と言えるかもしれません。

 

他にも、支援者との交流が行えたり細かな要望を聞くことで商品開発に役立てることが出来るというメリットがあります。

クラウドファンディングが、他の銀行・信用金庫の融資や公庫(日本政策金融公庫)、不動産担保ローンなどと大きく違う点は、審査が無いという点にあります。

 

審査を受け、審査が通れば融資を受けられ、そうでなければ融資を受けられないというシステムではありません。
企業に対して様々な人が、寄付という形で資金を提供するのがクラウドファンディングです。

 

アイデアを具現化する際に必要な資金を気軽に募集出来るということもあり、クラウドファンディングは人気になっています。
良いビジネスアイデアがあるのに軍資金が無いなどの事業者は、クラウドファンディングというシステムを利用してみてはいかがでしょうか。