2社間のファクタリングは3社間に比べて手数料が高いデメリットがあります。

MENU

ファクタリングのリスクとは!?

 

比較的新しい事業資金の調達方法としてファクタリングというものがあります。
ファクタリングとは、売掛債権を担保にするわけではなく買い取ってもらうことを言います。

 

企業間の売買では、資金取引ではなく売掛による取引になります。
売掛債権を完全に譲渡することで、資産・負債とみなされない状態をつくりだしています。
金融機関などに融資を断られた方は検討すべきと言えるシステムです。

 

売掛債権担保融資と違う点は、売掛債権担保融資が金融機関から借入れすることに対し、ファクタリングは、売掛債権を買取ってもらうということになります。
そのため、ファクタリングは借金やお金借りる(負債を生む)ものではありません。

 

ファクタリングのメリットには、売掛金を早期に資金化できることや取引先が倒産しても支払いリスクが無いことなどが挙げられます。
ファクタリングのリスクについて記載致します。

 

注意する男性

 

ファクタリングには利益を先取りするリスクがあります。

融資と違い、将来的に得る利益を今使うという形になるため、収益を継続して得られないと先細りが確実になってしまいます。
売掛債権を譲渡することにより、後々の先細りがファクタリングのリスクと言えます。早急に資金を手元に欲しい人にはおすすめですが、後々のことまで考慮する必要があります。

 

ファクタリングのリスクにはもう一つ、売掛債権を譲渡する方法のため、取引していた顧客を失う可能性もないとは言えません。
取引先にしっかりと承諾を得ているかどうか確認する必要性があります。

 

手数料について

また、ファクタリングの際に伴う費用をいかに抑えられるかということもポイントになります。
2社間のファクタリングには3社間にくらべて手数料が高いというデメリットがあります。

 

ファクタリング会社に払う手数料は2社間では売掛債権額の10%~30%程度ですが、3社間では1%~5%程度となります。3社間が2社間に比べて安い手数料となります。

3社間の場合は、2社間と違って直接債権を回収出来るのでリスクが低くなります。

 

資金調達方法として、売掛債権を利用することから売掛債権担保融資と似ているファクタリングのシステムですが、売掛債権担保融資が融資のことに対してファクタリングは借入れではありません。
それぞれにリスクも違ってくるので特徴やリスクを踏まえたうえで、ファクタリングの利用を検討するようにして下さい。