制度融資は公的な融資となっているので、少額でも長期に借りる事が出来ます。

MENU

制度融資

 

制度融資とは、起業する人、個人事業主、中小企業に向けた自治体による融資制度の事です。
しかし実際に融資を行うのは自治体ではなく、自治体・各都道府県に1件ある公的機関である信用保証協会・金融企業の3つの機関が協力して行っています。

 

各機関にはそれぞれの役割があり、「自治体」は金融機関に資金を一定額預託し、それによって融資を受けたい事業者への融資が有利に働くように動いたり、金融企業に利子の一部を補給する事で、融資を受ける事業主の負担を減らします。

 

話し合う人々とお金

 

「信用保証協会」はその名前の通り、融資自体の保証をします。その上で「金融機関」が審査を行い、実際に融資を行います。
制度融資は公的な融資となっているので、少額でも長期に借りる事が出来ます。
また、担保がいらない事がほとんどです。保証人は事業の代表者が連帯保証人となる事が多いです。
融資の条件や内容は書く自治体によって異なり、都道府県で行っているところ、市町村単位で行っているところなどそれぞれです。
また利率融資限度額も異なってきます。

 

詳しくは各自治体のホームページ商工会議所に問い合わせてみるとよいでしょう。
メリットばかりに見える、この制度融資にもデメリットがあります。

 

1つは、融資審査が自治体と金融機関の2箇所で行われるので、通常の融資を受けるよりも時間がかかります。
融資を受ける為には自治体で紹介状をもらい、金融機関・信用保証協会へ書類を提出して申し込み、審査や面談を行う必要があります。
そして融資を受けるわけですが、おおよそ3ヶ月ほどの時間を見ておいたほうがよいでしょう。

また一般の融資を受けるよりも手続きがかなり面倒で、書類提出や書類作成が大変です。