市区町村認定の定連携創業支援事業者による特定創業支援事業を受ける必要があります。

MENU

創業補助金

 

「創業補助金」と言うものは、その名前があらわす通り「創業者に向けた補助金制度」のことです。

 

これは国が新しい需要・雇用・創出などを促す事で、経済を活性化させるようにするために行っている制度です。
創業補助金を申請できる対象者は、創業開始日以降補助事業期間の完了日までに、税務署に開業届けを出して企業法人を創業をする事、また、従業員を1名以上採用している創業者です。

 

その他にも、市区町村が認定している認定連携創業支援事業者による特定創業支援事業を受ける必要があります。
創業補助金の締め切りの直前になってしまうと、受講が出来ない場合がありますので、出来るだけ早期に受けられるようにしましょう。

 

企業が上昇していくイメージ画像

 

特定創業支援事業とは各市区町村で事業支援のセミナーを受ける事で、証明書を発行して貰う事が出来ます。
セミナーを受ける為には、各市区町村の商工振興課産業振興課などで問い合わせをするとよいでしょう。

 

補助金額は上限が経費の1/2までとなり、外部からの資金調達がなければ、50万円以上~100万円以内で、外部からの資金調達がある場合は、50万円以上~200万円以内となります。

 

例えば、金融機関などで融資を受けた場合、「外部からの資金調達がある」と言うことで、50万円~200万円以内の補助を受けられる事になります。
創業補助金を受ける為には、各市区町村によって異なる事もありますが、電子申請で行うか、必要書類をまとめて創業補助金の対応事務局に郵送するか提出をする方法があります。

 

しかし、いつ出しても良い訳ではありません。
創業補助金の申請を受けつけている期間内でなくてはいけませんし、自分が創業しようとしている市区町村が補助金の出る対象地域である必要があります。
申請を行いたい場合は、期間対象地域をきちんと確認してから行うようにしましょう。

 

起業者向けとしては、ベンチャー企業などの企業者が集まりビジネスモデルを提案して完成度や新規性などを審査するビジネスコンテストも存在します。
受賞すれば資金提供を受けることが可能ですし、受賞しなくても様々な起業者と会うことで人脈を広げるチャンスです。