ローンの返済が出来ない場合は、大切な資産である不動産を差し押さえられてしまいます。

MENU

不動産担保ローンについて

 

不動産担保ローンとは、不動産を担保に金融機関などから融資を受けることの出来るローンのことを言います。

不動産担保ローンのメリットは、低い金利で借入れが出来るという点にあります。
デメリットは、融資までに時間がかかることや返済が出来ない場合には不動産を失うということになる点が挙げられます。

 

不動産担保ローンの仕組み

不動産担保ローンでは、不動産を担保として提供するため、担保として提供する不動産の価値に応じてお金を借りることが可能です。
融資を受ける経営者の信頼力も重要ですが、資産を多く所有しているとそれだけ多くの額のローンが組めるという仕組みになっています。
担保になる不動産の名義は、両親や配偶者などの身内でも良いことになっています。

 

銀行や信用金庫、消費者金融などは審査が厳しいなどの代わりに、無担保でお金を借りることができます。

 

不動産担保ローンではお金を融資してもらいやすい分、返済出来ない場合は不動産を担保として差し出さなければなりません。
かかる費用には、事務手数料や不動産鑑定費用、印紙代などがあります。数十万円の諸費用がかかる場合もあります。

 

不動産担保ローン

 

不動産担保ローンを利用する際には、将来設計もしっかり見据える必要があります。
低金利で借入れ出来る額が高い分、借りる時は大きく出てしまいがちですが、返済出来ない場合は大切な資産である不動産を差し押さえられてしまいます。

 

不動産担保ローンで重要になるのは、不動産の価値や融資を受けようとしている方の社会的信頼です。
借入れの際は、不動産の価値を調査してもらい融資してもらうことになりますが、信用力という点で軽視されてしまいがちでもあります。

 

良心的なシステムかどうかというと疑問のあるところで、融資を受けたときの状況を遡り、推測すると返済が出来なくなるという困窮した状況の中、不動産をおさえられるという方が少なくありません。
不動産担保ローンは大きなリスクを伴うものなので、きちんと認識してから利用の検討を行うようにして下さい。

 

こういった不動産担保ローンのリスクなどをしっかり踏まえたうえで、会社の資金繰りの方法として、これから独立開業する資金調達方法として不動産担保ローンという方法をとるようにして下さい。