融資の種類によって融資期間が異なり、保証人や担保のいらないものもあります。

MENU

日本政策金融公庫

 

日本政策金融公庫は政府が運営している金融機関で、中小企業などにお金を融資する機関となっていて、上場企業に融資をすることはできません。

 

融資の種類はさまざまなものがあり、事業を行っている人が誰でも受ける事が出来る「普通貸付」、資金繰りに困っている人向けのセーフティネットの貸付、新規の事業を立ち上げる人のための「新企業育成貸付」などがあります。
融資の額や融資期間は融資の種類によって異なります。

 

また、融資によっては保証人や担保のいらないものもあります。
どの種類の融資を受けるのが一番よいのか、日本政策金融公庫の窓口に直接赴いたり、電話をかけるなどして相談してみるとよいでしょう。

 

お金と家

 

どの融資であっても一般の金融機関よりも低い金利で融資を受ける事が出来ます。

 

融資を受ける際には、その融資の種類によって提出しなくてはならない書類があるので、確認する事が必要です。
きちんと準備する事が出来れば、ほとんどの場合融資を受ける事が出来ます。

 

もしも書類に不備などがあり融資を受けられなかった場合、再度融資を申し込むには半年以上の時間をかけなくてはなりません。

 

しかし、融資を受けるときには面談も行われるので、そこで書類の不備を訂正する事もできます。
日本政策金融公庫から融資を受けるときには、明確な資金の使い道を伝えられなければなりません。
例えば社用車を購入する為でも、いくらくらいのどんな車を購入するか、など具体的なプランが見えているほうが融資を受けやすくなります。

 

融資が決定するまでには、おおよそ1~2ヶ月かかります。
早く融資を受ける事は難しいので、早くお金を調達しなければならない場合は、その他のローンを考える必要があります。