公庫では社会通念や保証人の信頼性、事業内容の説得、借入れ実績などが重視されます。

MENU

公庫(日本政策金融公庫)

 

公庫(日本政策金融公庫)から支援を受けて資金調達する方法について紹介しています。公庫(日本政策金融公庫)の詳細についてまとめているので参考にされてみて下さい。

 

 

公庫(日本政策金融公庫)とは?

公庫(日本政策金融公庫)とは、100%政府出資の政策金融機関のことを言います。
銀行からの資金調達が難しい中小企業や個人事業主に対して、積極的に融資を行っており経営者や個人事業主にとって心強い存在です。

 

日本政策金融公庫は、一般の金融機関が行う金融を補完することを目的としているため、融資で厳しい状況にある方でも事業内容や保証人などがしっかりしていれば比較的融資して頂き易いシステムと言えるかもしれません。

 

 

融資してもらう際のポイント

 

日本政策金融公庫で融資をしてもらう際のポイントを紹介致します。

 

ドル

 

  • 借入れの実績をつくる

借入れの最初から大口の融資を受けるのは難しいものがあります。
まずは、借入れを何度かして日本政策金融公庫からの信頼を得るようにしましょう。

 

そのため、小口融資で300万円程度から融資を受けるようにして下さい。
2回目、3回目になってくると借入れもスピーディーになってきますし、少しづつ大口の融資も受けられるようになります。次に、しっかり事業内容を説明しましょう。

 

日本政策金融公庫の融資では、審査担当者と面談することになります。
審査担当者が納得できるように資金使途決算書などをしっかり説得出来るようにしておきましょう。

 

  • 保証人の選定

最後に、保証人の選定を考えましょう。
どこから融資を受ける場合も同じですが、基本的には保証人が必要になります。

 

中には、保証人が不要の融資制度もありますが、日本政策金融公庫は国が経営する金融機関です。
そのため、社会的信用の高い人物を保証人にすえることが大切になります。
公庫(日本政策金融公庫)では社会通念や保証人の信頼性、事業内容の説得、借入れ実績などが重視されます。そういったポイントに気をつけて審査を受けるようにしてみて下さい。

 

 

いかがでしたでしょうか。
公庫(日本政策金融公庫)から融資を受ける方法について記載致しました。 日本政策金融公庫は政府出資の政策金融機関なため安心ですし、銀行からの融資が難しい中小企業や個人事業主にもやさしい融資先と言えます。
是非、資金繰りや新しいビジネスの際に利用されてみてはいかがでしょうか。