大切な知人や家族からの信用を失わないためにも、返済条件の記された借用書を作成します。

MENU

知人・家族からの借入

 

事業を始める際にも会社を立ち上げるにも独立開業するに当たっても初期投資は必要になります。
しかし、会社や事業が軌道にのるまでは初期投資の額は最小限に抑える方が賢明と言えます。

 

資金調達の方法にも様々な方法がありますが、自己資金のみで始める方法がベストな方法と言えます。
自己資金でどうしても足りない場合は、知人や家族から借入する必要も出てくるかと思います。
借金をすると負担になりますし、事業が失敗すると借金だけが後に残るというケースもあります。

 

ここでは、知人や家族からの借入で注意したい点などを紹介致します。

 

メリットと注意点

知人・家族からの借入でのメリットは、審査がないという点が挙げられます。
融資を断られたなどの事態が発生しないため、確実に融資を受けられるのがメリットとなります。金利や限度額がないのもメリットと言えるのではないでしょうか。

 

知人や家族からの借入で一番注意したいことが、金銭のやり取りでのトラブルです。
知人や家族から借入する場合には、必ず借用書や金銭消費貸借契約書を作成するするようにして下さい。
お金を借りる時に、事業計画を提示して返済条件などをしっかり記載した借用書を作ることが大切です。

 

悩む男性

 

出来れば、金銭消費貸借契約書のような借主と貸主の双方が署名する形式の文書を作成することが望ましいです。
借用書などを作成していても、返済条件に従った返済が行われている証明が出来ないと贈与とみなされて課税されてしまうことがあります。

返済の際に、口座の送金記録等によって証明出来るようにしておきましょう。

 

親子間であっても年間110万円を超える金銭の贈与をするとお金を受け取った人には贈与税の支払義務が生じます。
金銭の貸借に必要な事項について細かい部分まで取り決めることでトラブルを避けることが出来ます。
貸借する額や返済条件、利息の有無、支払が遅れた場合の遅延損害金、違約金などを最初の段階で話合っておきましょう。
知り合い、身内だからこそ、返却が遅れた際の違約金などをしっかりと決めておく必要があります。

 

いかがでしょうか。
知り合いや身内からの借入れでは、金銭の貸し借りのトラブルが出てしまうと、大切な絆を壊してしまうという事態に繋がりかねません。人間関係として大切な知人や家族からの信用を失わないためにも、しっかりとした返済条件の記された借用書を作るようにしましょう。