従来の不動産担保に過度に依存しない資金調達の方法として浸透しつつあります。

MENU

売掛金担保ローンについて

 

最近、よく耳することの多くなった売掛金担保ローン・売掛債権担保融資とはどういったシステムのことを言うのでしょうか。
売掛金担保ローン・売掛債権担保融資について調べてみました。

 

売掛金担保ローン・売掛債権担保融資は、売掛債権を担保として融資を受ける資金調達方法のことを言います。
企業が自社の保有する売掛債権を担保にすることで、金融機関から借入を行います。会社の経営者などが、運転資金を確保する方法の一つとして取引先への売掛金を使って融資を受けます。

 

売掛金担保ローンの特徴

 

ガラスの地球儀

 

売掛債権担保融資は北米ではよく知られた商取引の方法で、別名ABL(Asset Based Lending)と言います。日本国内にもABL(売掛債権担保融資)は徐々に浸透しつつあります。

 

不動産を担保にすることで融資を受ける不動産担保ローンという方法がありますが、売掛債権担保融資は過度に不動産担保に依存しない資金調達の手段とも言えます。

また、不動産を担保にした融資を受けたくても不動産などの資産を持っていない方などが利用する手段でもあります。

 

メリットには、担保になる不動産などを所有しない方でも借入れ出来る柔軟な資金調達力と、返済が売掛金の入金で決済されるため無理の無い返済が可能になることなどがあります。
業績が継続的に安定している取引先があれば、売掛債権担保融資は使えます。

 

融資限度額は、そのままの金額で融資を受けられるわけではなく、売掛債権に掛け目を乗じた額の実際の売掛金額の範囲で融資を行います。
他の大抵の金融機関と同じように、融資までにはある程度の時間を必要とします。
売掛債権の担保評価をする時間が必要となるためです。

 

また、法人のみの融資となるため、個人事業主などはご利用することが出来ません。
中小零細企業の倒産懸念が大きくなっている中、従来の不動産担保に過度に依存しない資金調達の方法として浸透しつつあります。

 

いかがでしたでしょうか。
売掛債権担保融資保証制度を利用すると、新会社の立ち上げ資金の調達や運転資金の調達などが可能になります。
担保不足で追加融資が受けられない時や税金、社会保険料の支払いが厳しい時などにも助かるシステムです。
比較的新しい資金調達方法として普及しつつありますので、経営者の方は利用を検討されてみてはいかがでしょうか。