投資される側は資金調達先として、投資する側は育成支援することで将来性を高めるシステムです。

MENU

ベンチャーキャピタルについて

 

よく耳にするベンチャーキャピタルとは何のことでしょうか。どういった場面で活躍するものなのでしょうか。
ベンチャーキャピタルの役割やシステムについてまとめてみました。

 

ベンチャーキャピタルとは、ベンチャービジネスに対して投資を行ったり支援や育成を行う投資会社のことを言います。

高い将来性の見込める未上場企業に対して投資を行うと同時に、経営育成支援などを行い企業の価値向上を目指すものです。

 

原則として、株式公開に至るまでの期間にハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行います。
ベンチャー企業の側からすると、新しいビジネスを始めるにあたっての初期費用や軍資金として必要な資金の調達先としても助かるシステムであり、存在です。

 

ルーペ

 

投資の流れ

ベンチャーキャピタルの投資の流れを紹介すると、
ファンドの組成 → 出資 → ベンチャー企業への接触や審査 → 投資 → 育成支援・情報提供 → EXIT → 資金回収
となります。

 

まず、投資事業有限責任組合(ファンド)の組成で、ベンチャーキャピタルがファンドを組成し管理運営を行います。
まず最初に、組成されたファンドへの出資を募集して、趣旨に賛同された方々が出資を行います。

 

次に、ベンチャー企業の審査を行い、投資を行うか行わないかを決定します。
そして、審査を通過したベンチャー企業に投資します。ベンチャーキャピタルはベンチャー企業の投資をした後に、育成の支援も行います。

 

EXITとは、ファンドの保有株式を売却することを言います。ベンチャー企業が株式上場するなどすると売却する流れになります。その後、資金回収を行います。

 

ベンチャーキャピタルは、これから企業としてのベンチャー企業を支援や育成をする投資会社とも言えます。
投資される側は資金調達先として、投資する側は育成支援することで将来への希望を持てるシステムではないでしょうか。

 

また、一般社団法人のベンチャーキャピタル協会という組織があります。入会金を支払うことで会員になることが出来ます。値段は数万円となります。

 

このように、ベンチャーキャピタルはベンチャー企業にとって非常に大事な投資元と言えますし、資金調達先とも言えます。
ベンチャー企業を立ち上げる予定のある方は、ベンチャーキャピタルの全体像を理解しておく必要があると言えるのではないでしょうか。