再就職手当を受給するための条件、支給金額について解説いたします。

MENU

再就職手当

 

失業保険の中には条件を満たす事で「再就職手当て」を受ける事ができます。

 

これは職を失ってしまった人がより早く再就職してもらえるように、失業手当がまだ残っている状態で再就職した場合に、残りの失業手当の一部を再就職手当てとして受け取ることができる制度のことです。

 

再就職手当てを貰う為には、7日間の待機期間を終了している事、失業手当の受給資格が決定した後に再就職先が決まっている事、失業期間の所定給付日数の残りが1/3以上あること、再就職先で雇用保険に加入しており、1年以上の雇用が見込めること、再就職先がそれまで勤めた企業や関連会社ではなく、今まで雇用された事がない事、過去3年間に再就職手当てを受給した事が無い事、再就職手当てをした後すぐに退職していない事、などの条件を全てクリアしていることが前提です。

 

また、自己都合退職をした場合、待機遺憾終了後一ヶ月間は、ハローワークか厚生労働省が認可した職業紹介者からの紹介による再就職であることも条件に含まれます。

 

ハローワークの再就職サポートのイメージ画像

 

これはハローワークに求人があったとしても自分で応募した場合には対象にならず、あくまでもハローワークに紹介状を書いてもらった上での応募でなくてはいけません。

 

また、厚生労働省が認可した職業紹介者というのは、有名な転職サイトなどでも認可を受けているところも多いので対象になりますが、その場合でも紹介状を書いてもらう事が条件になります。
そのため、このような有名な転職サイトから就職をする場合、証明書を発行してもらえうかどうかをあらかじめ確認しておく必要があります。

 

再就職手当てで支給される金額は、再就職先に雇用された時点で、失業保険の所定給付日数が1/3以上残っていれば、支給残日数の50%×基本手当て日額分を、2/3以上の日数が残っていれば支給残日数の60%×基本手当て日額で計算されます。
基本手当ての金額には上限があり、60歳未満であれば5,805円、60歳~65歳未満であれば4,707円となっています。